会社概要

会社概要

  • 株式会社 拓琉金属|沖縄県浦添市|アルミ・鉄・銅・真鍮・ステン高価買取、廃車処理、家電・OA機器リサイクル
  • 株式会社 拓琉金属|沖縄県浦添市|アルミ・鉄・銅・真鍮・ステン高価買取、廃車処理、家電・OA機器リサイクル
  • 株式会社 拓琉金属|沖縄県浦添市|アルミ・鉄・銅・真鍮・ステン高価買取、廃車処理、家電・OA機器リサイクル

社長挨拶

株式会社 拓琉金属 代表取締役社長 古波津 清正
株式会社 拓琉金属
代表取締役社長 古波津 清正

日本人の心の中には、先人からの教えとして、物を大切にする「もったいない」の精神が培われています。 たとえば、沖縄でも食文化として、琉球料理は豚を中心に調理されてきましたが、豚は「鳴き声以外、全て食べる」と言われるように、廃棄する部位なく全て大切に使い切る、もったいない、食べ物を大事にする心がずっと受け継がれているように思います。

2020年には、廃棄物処理法が導入されて50年(半世紀)を迎えます。
急速に変化する社会動向やますます深刻化する地球環境をふまえ、廃棄物処理法も1990年代以降は制定当初の不法投棄の取り締まり、適正処理の徹底、環境被害防止を目的としたものから、循環型社会を形成するため3R(Reduce、Reuse、Recycle)※注の推進を含めた政策にシフトし、各種リサイクル法の制定と相まって数次の改正が行われてきました。

沖縄は離島県であるため、廃棄物の不法投棄や埋め立て処理を行っていては、即、土壌汚染、大気汚染などの環境汚染につながり、豊かな海や自然、生態系を破壊してしまいます。
わが社は、「受け手として廃棄物を処理する会社」から、「創り手として再生資源とエネルギーを製造する会社」として成長し、おかげさまで創業50年を迎えました。
昔は、手作業より、機械による破砕・ふるい分け・磁力選別等を行うことが主流でしたが、現在ではより多くの種類、より純度の高い有用資源を取り出すために、手作業で分解、素材ごとに選別した上で、機械による破砕後、更に手作業で分別するなど、手間を惜しまない作業を行っております。
これからも、沖縄で生まれた廃棄物は沖縄で資源として新しい命を与えて世の中に出し、持続可能な社会を実現できるよう、日々研鑚を積み、社会的役割を果たしていく所存であります。

さらに、社員が廃棄物の分別・再資源化を行うことで地球の貴重な資源を大切にし、未来を担う次世代により良い環境を引き継ぐ役割を果たしていると、仕事に信念と誇りをもって働けるよう人材育成に取り組んでまいります。

※注 3R(Reduce、Reuse、Recycle)とは 循環型社会を実現していくためのキーワード、Reduce リデュース=「減らす」、Reuse リユース=「再利用する」、Recycle リサイクル=「繰り返し使う」を示している。

会社概要

会社名
株式会社 拓琉金属
所在地
本  社:〒901-2134 沖縄県浦添市字港川495-9
豊崎工場:〒901-0225 沖縄県豊見城市字豊崎3-21
電話番号
本  社:098-876-3548
豊崎工場:098-987-4394
FAX番号
本  社:098-876-5849
豊崎工場:098-987-4398
代表者
代表取締役社長 古波津 清正
設立年月日
1968年2月23日
資本金
6,140万円
従業員数
199名
主要事業内容
◇本社
鉄・非鉄金属スクラップの集荷・処理
一般鋼材・中古鋼材の加工販売
廃車処理
家電・OA機器のリサイクル
家電Bグループリサイクルプラント

◇豊崎工場
家電指定引取場所(家電リサイクル法対象機器)
鉄・非鉄金属スクラップの集荷・処理
廃車処理
取引銀行
沖縄海邦銀行松尾支店、琉球銀行浦添支店、沖縄銀行浦添支店、沖縄開発金融公庫
関連会社
株式会社 拓琉リサイクル研究センター

◇営業種目◇
鉄屑・アルミ・アルミ缶屑その他非鉄金属全般並びに廃車処理
●所在地:〒904-2142 沖縄市字登川3513-1
●TEL:098-939-9811 ●FAX:098-939-9808

会社沿革

■昭和42年(1967年)12月那覇市安謝679-7で創業
■昭和43年(1968年)2月資本金10,000ドルで(資)拓琉金属設立
■昭和45年5月(1970年)5月浦添市字港川495-9(現在地に移転)
■昭和49年(1974年)7月鋼材倉庫増設(809.2平方メートル)
■昭和49年(1974年)11月資本金12,000千円に増資
■昭和52年(1977年)4月中古鋼材倉庫を新築(1,395.2平方メートル)
■昭和54年(1979年)10月アルミ溶解炉を導入
■昭和55年(1980年)5月資本金を24,000千円に増資
■昭和56年(1981年)6月鋼材倉庫を新築(908平方メートル)
■昭和57年(1982年)7月事務所を新築(264.9平方メートル)
■昭和57年(1982年)9月非鉄倉庫を新築(757.5平方メートル)
■昭和62年(1987年)11月鋼材加工機を導入(プレス、ベンダー、シャーリング)
■昭和63年(1988年)9月天井走行クレーンを導入
■平成元年(1989年)8月手塚1,250tギロチン導入
■平成元年(1989年)9月資本金36,400千円に増資
■平成2年(1990年)4月被覆電線処理(ナゲット)導入
■平成2年(1990年)6月鋼材倉庫を増設(445平方メートル)
■平成6年(1994年)8月金属破砕プラント(クボタ)導入
■平成7年(1995年)9月アルミ溶解炉及び集塵機を開発
■平成9年(1997年)2月株式会社 拓琉リサイクル研究センター 設立
■平成9年(1997年)2月第二工場新設(加工場移転)
■平成10年(1998年)3月スーパーニューギロ導入(刃幅2.5メートル)
■平成10年(1998年)9月合資会社から株式会社へ組織変更  資本金49,000千円に増資
■平成11年(1999年)4月産業廃棄物処分業を取得
■平成13年(2001年)4月家電Bグループの指定引取場所及びリサイクルプラントとして大臣認定を受け開始
■平成16年(2004年)10月ISO14001取得
■平成17年(2005年)4月家電リサイクル工場、OA機器リサイクル工場の分割移転新設及び自動車リサイクル工場新設稼動
■平成19年(2007年)4月豊見城市豊崎に新工場用地取得
■平成22年(2010年)8月豊崎工場新築 家電指定引取場所を豊崎工場に移転、稼動
■平成23年(2010年)11月豊崎工場で機密書類抹消システム導入、稼働開始
■平成25年(2013年)10月産業廃棄物収集運搬優良認定を取得
■平成26年(2014年)1月小型家電リサイクルに基づく再資源化事業者として国の認定取得
■平成26年(2014年)3月産業廃棄物処分優良認定を取得
■平成27年(2015年)12月モリタ1250tギロチンプレスに設備更新
■平成29年(2017年)2月豊崎工場、マルチセンサー選別機導入、稼働開始
■平成29年(2017年)12月創業50周年を迎える

資格取得者

種類許可の場所許可番号
産業廃棄物収集運搬業沖縄県第04714059493号
産業廃棄物処分業沖縄県第04724059493号
産業廃棄物処理施設設置許可(破砕施設)沖縄県第960051-2号
産業廃棄物処理施設設置許可(焼却施設)沖縄県第960051-1号
一般廃棄物処理施設設置許可沖縄県第3号
廃棄物再生事業者登録沖縄県第25-1号
特別管理産業廃棄物収集運搬業沖縄県第04764059493号
第一種フロン類回収業登録沖縄県第3-7号
引取業登録(自動車)沖縄県第20471300054号
フロン類回収業者登録(自動車)沖縄県第20472300032号
解体業許可(自動車)沖縄県第20473000103号
破砕業許可(自動車)沖縄県第20475000103号
計量証明事業登録沖縄県第16号
古物商許可沖縄県第97113004278号

ISO14001登録証

  • ISO14001登録証
  • ISO14001登録証
  • ISO14001登録証
  • ISO14001登録証

交通アクセス

株式会社拓琉金属 沖縄県浦添市字港川495-9

豊崎工場 豊見城市字豊崎3-21 TEL:098-987-4394

豊崎工場 案内図

  • お気軽にお問い合わせ下さい。
    一般鋼材・中古鋼材の加工販売、鉄・非鉄金属スクラップの集荷、
    廃車処理、家電・OA機器のリサイクルという地球資産再生化を通して、
    私たち拓琉金属は新たな資源つくりに絶えず挑戦していきます。

    TEL:098-876-3548 FAX:098-876-5849